MUREADER’s blog

MUREADER(MUSIC+READER)は音楽を中心に、ライトに深く読み解くブログです。

それはただの誘拐事件ではない『その女アレックス』を読む

f:id:hipnao4ri:20151129010625j:image

ただの誘拐事件ミステリーかと思って読み始める。

その展開のスピード、スリルに飲み込まれ、あっという間に誘拐事件はクライマックスを迎える。その時、これはこの物語の始まりにしかすぎないのだと知ることになる。

その女アレックスには、誰にも言えない秘密の目的があった。

 

これ以上書くとネタバレになってきてしまうのでやめますが、非常に面白い作品です。

主人公のカミーユ・ヴェーヴェルン警部の描写など、短い文章でまるでそういう人がそこに生きて、息づいているのがわかるような描写力に驚きます。

まるでひとつのサスペンス映画を読んでいるよう。

 

このミステリーがすごい!」他あらゆる賞を総なめにしなんと6冠。

現在60万部も売れているということで読んだ方も多いでしょうが、今までのミステリーという概念を打ち破る(それもしっかりとミステリーの流儀に則って)、とても深く衝撃的な作品です。

ミステリー好きじゃない人が読んでもいいけど、ミステリー好きの人にこそ読んでほしい作品。

誘拐、連続殺人、そして最後に待つトリック。

 

自分がその境遇に置かれたとき、どうすればいいのか、考えさせられる悲痛さ。

 

1度読んでも、また読みたくなる。そんな1冊です。

 

 

その女アレックス (文春文庫)

その女アレックス (文春文庫)