読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MUREADER’s blog

MUREADER(MUSIC+READER)は音楽を中心に、ライトに深く読み解くブログです。

Mr.Children+HEATWAVE 2マンライブat Zepp FUKUOKA:ライブレポート

ライブレポート 音楽 音楽-音楽紹介

f:id:hipnao4ri:20151112063155j:image

Mr.Childrenの新たな旅立ち、その第一歩に立ち会ってきました。

 

ticket-every.jp

 

各会場でHEATWAVEくるりエレファントカシマシ小谷美紗子、ASIAN KAN-FU GENERATIONといった、Mr.Childrenが敬愛するアーティストとの共演。

その第一回目が福岡は博多のZepp FUKUOKAで開催されたHEATWAVEとの2マン。

 

ミスチルファンですが、これまでチケットがとれたためしがなく、ライブに行くのは今回が初めてでした。今回は会場が小さく、それこそとれるわけがないチケットなんですが、不思議と確信めいたものがあり、「絶対に行ける」そう思っていました。なんといってもHEATWAVEのヤマグチヒロシがミスチルとタイバン。

自分の人生においてこれは絶対見逃せません。

 

まず登場したのはHEATWAVEミスチルよりも一回り上の先輩バンド。

その音の風格はまさに別格です。アイリッシュをSE(入場前のBGM)にし、登場。

ぶりぶりのベースと四つ打ちのリズム、シンセが現代を感じさせ、ヒロシがその野獣のようなバンドを先導し、音楽に狂っていく様。

桜井和寿が「これが音楽です。これがバンドです。」と言っていたけれどまさにそう。

こんなにも音楽が溢れ、バンドとなっているバンドは日本どこをみてもこのバンドしかいないんじゃないだろうかと思わせます。

 

HEATWAVEのライブ中にまずはゲストでMr.Childrenギター田原健一が参加。

曲はなんと「ニシエヒガシエ」!

www.youtube.com

ミスチル以上のロックで凶暴なアレンジ。そこにからみつく田原健一

壮絶なアンサンブルを魅せる1曲でした。

 

そしてそ次、いよいよ登場した桜井和寿。やる曲はヤマグチヒロシの「満月の夕」。

これはもうこのライブで完全に僕の白眉で、感動で震えがとまらなかった。

満月の夕」をヒロシと桜井和寿が一緒に歌っている。それは夢のようでした。

それにしても桜井のこの1曲にかける想い、そして完璧なピッチ。

こんなにすごいヴォーカリストなのかと唖然としました。

HEATWAVEMr.Childrenが奏でる音楽、その瞬間は本当に音楽が音楽をしていました。

 

そしてMr.Childrenのステージ。まず驚いたのはステージがとてもスッキリしていること。普通はかえし(モニタースピーカー)を置いて、そこから音を聞きながら演奏するんですが、それがなくミスチルは全員イヤモニ。ギター系の楽器もすべてラインで構築し、アンプも何も置いていない。今最先端のバンドスタイルと言っていいでしょう。

 

個人的にはかえしがあって、それで音を感じてライブをするのが音楽だ。と思っているんですが、ミスチルが背負うものにはこういうものも(最先端のテクノロジー)あるんだなと感じました。

 

ミスチルのライブはヒットソングをやらないセットリスト。

イミテーションの木とか、それこそアルバム『Q』の中からも何曲か。それでも後半には「I'll be」をまさかの『1/42』の再現で。この『1/42』はミスチル唯一のライブアルバムで、この曲のこの演奏で、このバンドは本当にバンドで、すごく影響を受けた。

それが生で体感できる喜び。小林武史の下を離れ、バンドでやっていくという決意の現れなんじゃないかと思った。

そしてヒットソング「Sign」。本編終わりはなんと「隔たり」。これは驚いた。

でもなんかわかる。

 

アンコールで「Youthful Days」をやってくれたのも嬉しかった。桜井が「Youthful Day....あれ?Daysだっけ?いやどっちでもいいやそんなこと。」と言っていたのには笑った。そして再度ヤマグチヒロシが登場し、「明日のために靴を磨こう」。

Bank Bandでカバーされた曲は他にも「東京シティーヒエラルキー」がある。

Bank Bandに2曲カバーされたのは忌野清志郎とこのヤマグチヒロシだけ。

 

そしてアンコール最後はMr.childrenの新曲「忙しい僕たち」。

ほっこりと、それでも明日につながる何かを与えてくれたミスチル

大団円でした。

 

それにしても初めて見たミスチル。桜井の声はこんなにもピッチが正確で、集中力があって、声が抜けるのかと驚きの連続だった。日本のポップスを背負うという姿勢、それを感じました。

 

すごいライブだった。

ありがとう!

 

f:id:hipnao4ri:20151112063223j:image
 
物販コーナーにはミスチルの片隅にHEATWAVEのCDもありました。
プレス枚数も少なく貴重なCD、ミスチルファンのみんなは買えたかな?
f:id:hipnao4ri:20151112063207j:image
 

こちらにももう少しプライベートな記事書いてます。 

irochigai.com

夕陽へのファンファーレ

夕陽へのファンファーレ

 

 

 

land of music

land of music

 

 

 

LONG WAY FOR NOTHING

LONG WAY FOR NOTHING

 

 

 

 

 

「REFLECTION{ Live&Film}」DVD

「REFLECTION{ Live&Film}」DVD

 

 

 

REFLECTION{Drip}初回盤

REFLECTION{Drip}初回盤