読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MUREADER’s blog

MUREADER(MUSIC+READER)は音楽を中心に、ライトに深く読み解くブログです。

ジャズピアノ:コードヴォイシング/Aフォーム

音楽 音楽-音楽教養

今回からジャズの肝であるハーモニーに立ち入ってゆきます。

ジャズのコードの押さえ方、わからなくてどうしたらいいのか頭を抱えたことがあります。どうコードを押さえたらジャズっぽくなるのか。

 

ピアノで言えばおびただしい数の選択肢があるわけで、自由に何を押さえてもいいんだけど、やっぱりなにか指針が欲しい。そのまず1つ目となるAフォームというのをご紹介します。

 

この練習、結構しんどいです。笑

 

f:id:hipnao4ri:20151105115019p:plain

f:id:hipnao4ri:20151105103540p:plain

 

 

これはジャズに頻出するツーファイブワンの進行で書かれています。

弾いてみるとわかるんですが、ジャズっぽいです。

メジャーとマイナー両方、12Keyで練習します。

メジャーは楽だけど、マイナーがちょっと大変かもしれません。

最初はホントにゆっくりで大丈夫。

慣れてきたらスピードをあげて、最終的にはコードネームが出てきたらすぐ押さえられるようになりましょう。

 

Aフォームということでお気づきの方もいらっしゃると思いますが、Bフォームなるものも存在します。それはまた次回。AフォームとBフォームを組み合わせることで、だいぶジャズのバッキングが出来るようになってきます。

 

過去の記事はこちら。

 

mureader.hateblo.jp

mureader.hateblo.jp

 

 オススメの教則本です。

マークレヴィン ザジャズピアノブック

マークレヴィン ザジャズピアノブック