読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MUREADER’s blog

MUREADER(MUSIC+READER)は音楽を中心に、ライトに深く読み解くブログです。

雑記:ジャズピアノを習い始めました。

f:id:hipnao4ri:20150902041220j:image

ピアノ始めて30年になるんですが30周年イヤーということでピアノを習い始めました。

 

ジャズピアノ。

 

いや、ジャズって聴いたことはあるんですけどやったことが全然なくて大学の頃もジャズサークルに入ってましたがずっと見学でしたし…というのは冗談です。

 

ずっと我流でやっていましたがいざ習い始めると、いいもんですね。思考がブレなくなるというか、「ああ、十人十色、千差万別なんだな」ってスッキリします。

 

我流でやってると、教本によって書いてあることが結構違ったりして何が正しいんだかわかんない!みたいになることがあるけど、そういうのがなくなりました。

 

例えば「そこ普通バークリーだとLocって言われるけどLoc#2ndの方がアヴォイドないからいいと思うんだよね。」「え、それってつまりLocナチュラル9thのことですか。」みたいな。

 

最初からそんな会話で君はいったいなぜ来るのか状態ですが…。

 

習うというかひたすら質問責めになっています。先生が困っている。着いたらまず質問受付コーナーが始まる。

 

といってもやりたいことはあらためてダイアトニックで、アウトをなるべくすることなくメロディアスなソロが弾きたい、ということなので、ダイアトニックをみっちりやっていくことになりそうです。

 

これをじっくりやっていって半年後くらいには血肉にしていたいなと。

 

なんかみんなで集まって、ここはどんなスケールがいいとかなんかそういうのわいわいやりたい。

 

基本から参考になる音源は意外とこういうの。

スタンダードを普通にやっていて、聴いてても落ち着けますし、学びやすい。

 

モダン・ジャズ名曲選 Vol. 1

モダン・ジャズ名曲選 Vol. 1

  • ニューヨーク・ジャズ・トリオ
  • ジャズ
  • ¥1500

 

 

参考にしている理論書はこんな感じ。

納浩一さんの『ジャズ・スタンダード・セオリー』はあまり疑問を抱えずにジャズ理論のトピックを学ぶことができます。Mark Levineさんの「The Jazz Theory Book」はとにかく一生付き合えるような分厚い内容になっています。

 

 

マークレヴィン ザ・ジャズ・セオリー

マークレヴィン ザ・ジャズ・セオリー

 

 

 

The Jazz Theory Book

The Jazz Theory Book

 

 

 

ちなみにこういう記事書いてます。

 

mureader.hateblo.jp

mureader.hateblo.jp