読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MUREADER’s blog

MUREADER(MUSIC+READER)は音楽を中心に、ライトに深く読み解くブログです。

Franck Avitabile『Right Time』を聴く

音楽 音楽-音楽紹介 Musician Musician-Franck Avitabile

f:id:hipnao4ri:20150831043239j:plain

もう何度聴いただろうか。

自分自身の道標でもあり輝かしい憧れでもある。

CDがすり切れ、ケースもボロボロになり今このCDを3枚所有している。

そんな特別な作品なので自身の誕生日ということもあり、普段のレビューと趣が少し異なってくるが、書いていきたい。

 

Franck Avitabile(フランク・アヴィタビレ)のデビュー2作目『Right Time』を今回はとりあげる。制作は2000年。ちょうどミレニアムの時の作品だ。

 

私自身のアヴィタビレとの出会いはデビュー盤の『In Tradition』だが、そのころは「いいピアニストがいるんだな、しかもMichel Petruccianiミシェル・ペトルチアーニ)がプロデュースで。」といったもので、なんとなく聴いて気に入ってはいたものの、のめりこむほどではなかった。

 

それがペトルチアーニが1999年に亡くなり、大きな存在を失ったなか制作されたこの『Right Time』。想像していたのとは裏腹にアヴィタビレの妻に捧げる「Miss Laurence」でアルバムは始まる。これがまるで光煌めく朝のような響きなのだ。

希望に満ちた光。そして愛おしい。

これはもうペトルチアーニ・プロデュースの作品じゃない、アヴィタビレが一人立ちをした出発の船なのだ。そう感じさせる。そして続く「In Your Own Sweet Way」。そのタイトルの通り、その道は進んでいく。

 

「Facin' Up」。そう、これだ。この音楽だ。僕が求めていたもの。失った悲しみ。抱える切なさ。でもそれは希望に変わる。憂いを帯びたイントロから、メロディーが始まる瞬間の希望への煌めき。前を向いて生きていくんだ。やさしく、美しく。

アドリブパートでただただひたすらに美しいメロディが紡がれていく、Louis Petrucciani(ルイ・ペトルチアーニ)のベースと共に。情熱が高ぶっていく、どこまでもどこまでも、Roberto Gatto(ロベルト・ガット)のドラムと共に。切なく胸を打つ悲しみを、変えよう、明日の光に。そのエネルギーに。理性などどこかへいってしまってもいい、その情景に生きるんだ。かけがえのない景色に、愛に。

どこか残した切なさを胸に秘めて、それはまた次の美しい日々につながっていくのだ。

僕はこの曲が、ペトルチアーニが亡くなって2日後に生まれでてきたこの曲が大好きだ。ずっと、ずっと、このピアノを追いかけていこう。そう心に決めた。「Facin' Up」。

 

「Right Time」それはゆるぎない光のエネルギーだ。突き進め突き進め、その道を。曲がりくねった道もその先につながっているさ、行き着いたら、また進め。どこまでもどこまでも。光が躍動する。Niels-Henning Orsted-Pedersen(ニールス・ヘニング・オルステッドペデルセン)の大地を踏みならすベース。さあ、助走を始めるんだ。いつでもジャンプできる。さあ、飛べ。「Right Time」。

 

静かに、清廉に、愛おしいエヴァン。「Song For Evan」そうそれは彼のための曲。

失われた命があるなら、また新しい命が芽吹く。その頼りない小さな生命を慈しむのだ。静かに、そして清らかに。ここにもまた粒子のような小さな光が降り注ぐ。つらなっていく。

愛するエヴァンよ、これは君のための曲だ。

 

Dizzy Gillespieディジー・ガレスピー)による「Con Alma」これもアヴィタビレの幻想的な音、トーンに染まっていく。

 

愛する人と人生を共にする、そんな前奏曲からはじまる「Cherokee」。およそ通常演奏されるテンポではなくひどくゆっくりとした、確かに1歩ずつ歩んでいく、前半はそういった流れだ。ベースが汽笛をならす。共に歩もうと。足取りが少しずつ速くなっていく。駆け出そう、二人の新しい日々へ。まばゆい未来へ。愛の囁きを繰り返して、二人はより深く深く結ばれていく。さあ鐘が鳴る!高々と響く!

これはたったいま生まれた結婚のための行進曲だ。未知なるドアを開けよう。

 

「Little Valse」それは小さなワルツ。内気な女の子の夢想。ゆらめきの中で彼女は何を見つけるのだろう。それは美しい世界かい?それてもうっすらと感じる不安かい?

夢想のワルツ。

 

最後は、星のブルース。「Blues From The Stars」。陽気に、あの人のように陽気に。

楽しく笑い合えばいい、あの時のように。まだ続いていくんだよ、道は。終わらないさ、まだまだね。

 

切なさや悲しみを超えて、なんと光ある作品だろう。

今日はきっと全部うまくいく。絶対ね。

だから、生きよう。共に。

愛と感謝を込めて。

 

Right Time

Right Time

  • Franck Avitabile
  • ジャズ
  • ¥1350

 

Right Time

Right Time

 

 

Franck Avitabile『Right Time』

1. Miss Laurence

2. In your own sweet way

3. Facin' Up

4. Right Time !

5. Song for Évan

6. Con Alma

7. Cherokee

8. Little Valse

9. Blues from the Stars

Franck Avitabileのサイトはこちら。

avitabile.free.fr

 

他にもFranck Avitabileのディスクレビューを書いています。

どの作品も素晴らしいので、ぜひ読んでみてください。

mureader.hateblo.jp

mureader.hateblo.jp

mureader.hateblo.jp

mureader.hateblo.jp

mureader.hateblo.jp

mureader.hateblo.jp

mureader.hateblo.jp