読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MUREADER’s blog

MUREADER(MUSIC+READER)は音楽を中心に、ライトに深く読み解くブログです。

Franck Avitabile 『In Tradition』を聴く

音楽 音楽-音楽紹介 Musician Musician-Franck Avitabile

f:id:hipnao4ri:20150822000856j:image

フランスのジャズピアニスト、Franck Avitabile(フランク・アヴィタビレ)。

そのデビュー盤がこの『In Tradition』です。リリースは1998年。レーベルはフランスと言えばここ、Dreyfusです。

 

今は亡きMichel Petruccianiミシェル・ペトルチアーニ)がプロデューサーとして参加している作品です。

ペトルチアーニとアビタビレの出会いは、当時ペトの兄弟であるルイがアビタビレと一緒にコンサートをしていた際、聴きにきていたペトがその演奏を聴いて可能性を見いだしたことに始まります。この作品にもルイ・ペトルチアーニは参加しています。

 

この作品はそのタイトルになっているように、あるジャズピアニストをテーマにしたものとなっています。そのピアニストはBud Powellバド・パウエル)。

バドの曲を中心にした、ジャズの伝統を意識した作品となっています。

 

私のこの盤との出会いは高校生の終わり頃だったと思います。

よく行っているCDショップのジャズコーナーでオススメ盤として店内で流れており、当時ジャズに興味を持ち始めていた私にどこかひっかかるものがありました。

 

ペトとの出会いが先か、この盤との出会いが先か、当時の記憶は定かではありませんが、プロデューサーがペトルチアーニというのを知り、運命めいたものを感じたのを覚えています。

 

どの曲も非常にマナー良く演奏されており、派手さはないながらも丁寧な作品作りに好感を抱きます。気品があり流麗なフランク・アヴィタビレのピアノに酔いしれる1枚。動と静のメリハリがしっかりしており、トーンマナーも一貫しているので非常に聴きやすいです。

 

1曲目が「Gettin' There」なのですが、そのイントロを聴いて母が「マジックショーの音楽みたいね」と言っていたのを鮮明に覚えています。笑

そういう視点で聴くとすべてそう聴こえてくる。笑

 

派手さはない、と言いながらも2曲目の「Tempus Fugit」は気品がありながらも、圧巻の演奏です。この当時速くてテクニカルな曲が好きだったので、自分のレパートリーにしようと四苦八苦しました。

 

そして4曲目の「Time Waits」は、どことない深い切なさにしんみりする素晴らしい演奏です。

 

などなど、14曲中9曲がバド・パウエルの曲ですが、そうでない曲も入っています。

例えばジャズスタンダードの「There Will Never Be Another You」。これはアビタビレ独自のリハーモナイズが美しいバージョンとなっています。

 

他にアビタビレのオリジナル「August In Paris」。静かに始まる美しいコードプログレッション。その後続く美しいメロディ。少しフリージャズの要素を含みながら、後半はそれがドラマチックに展開されていきます。

アビタビレの『Just Play』にも収録されていますが、私が8月生まれなのもあり、大好きな1曲です。

 

最後はCharlie Hadenチャーリー・ヘイデン)の「Silence」で作品の幕を静かに閉じます。

 

ペトルチアーニが1999年に亡くなってしまうため、彼がアビタビレの作品に関わるはこれが最初で最後です。ですが、両者のファンである私にとってはもちろん、フランク・アヴィタビレにとってもその後につながる貴重なレコーディングだったのではないでしょうか。

  

現在なかなか手に入りにくい作品(なんせ日本での知名度が全くない!プロのジャズメンも知らないレベル。)ですが、よろしければぜひ聴いてみてください。

In Tradition

In Tradition

  • Franck Avitabile
  • ジャズ
  • ¥1500

 

In Tradition

In Tradition

 

 

Franck Avitabie『In Traditon』

1. Gettin' There

2. Tempus Fugit

3. Topsy Turvy

4. Time Waits

5. Celia

6. Willow Grove

7. Trois Gros

8. There Wil Never Be Another You

9. August In Paris

10. Burt Covers Bud

11. Wail

12. Kenny

13. Bud's Bubble

14. Silence

 

オフィシャルサイトはこちら(英語かフランス語)

avitabile.free.fr

 

他にもFranck Avitabileのディスクレビューを書いています。

素敵な作品ばからなので、よろしければぜひ。

mureader.hateblo.jp

mureader.hateblo.jp

mureader.hateblo.jp

mureader.hateblo.jp

mureader.hateblo.jp

mureader.hateblo.jp

mureader.hateblo.jp

mureader.hateblo.jp