MUREADER’s blog

MUREADER(MUSIC+READER)は音楽を中心に、ライトに深く読み解くブログです。

ディアンジェロを聴きながら思うこと。

f:id:hipnao4ri:20150820001432j:image

 18日のディアンジェロのライブを終えて、改めて聴き直しています。

D'Angelo & The Vanguardの『Black Messiah』もそうだし、『Voodoo』『Brown Sugar』も。

 

いま『Brown Sugar』を聴くとやっぱり若い!と感じます。

まだそれ以降の作品と比較するとチャート寄りなポピュラリティーを持ったアルバムです。

 

ディアンジェロの特徴ってなんだろうと考えた時に、歌詞はもちろんそうなんですけど

  • 印象的なリフ
  • 独特のサウンド
  • 歌なのかライムなのかわからない、歌

が真っ先に挙がると思います。

どれも一筋縄ではいかなくて、『Brown Sugar』なんかではタイトル曲「Brown Sugar」のあのベースリフが超ポップで一瞬にして引き込まれるんですが、作品を経るごとに、段々とサウンドとのつながりが強いリフになってくるというか、これはサウンドなのか、リフなのかと中々判断に迷うリフになっているように感じます。

 

サウンドも、「Voodoo」から一気に灰色がかったような、茶色がかったような、いい意味で薄汚れたサウンドになっていきます。その傾向は「Black Messiah」でより一層深まったように思います。

 

そして歌なのか、ライムなのかわからない歌。

たぶん、歌もどの楽器も目指すところは一緒なのだと思います。

全てが一体になるような混じりあった混沌としたサウンド。メッセージ。

 

技法的にどうとか、音楽理論的に、ブラック・ミュージックの歴史的にどうかとか、語るつもりはありません。

 

ディアンジェロに魅了されたひとりの人間として、これからもディアンジェロの魅力を考えていきたいと思います。

そしてまた、ライブに行きたい!

超ファンクだったね。笑

 

松尾潔さんのツイートが的を射ているなーと思ったので紹介。

 

「肉厚なプリンス」、確かに!!

ライブの感想はこちら。

mureader.hateblo.jp

 

また観たいなー。

 

Black Messiah

Black Messiah

 
Voodoo

Voodoo

 
Brown Sugar

Brown Sugar

 

 

 

iTunesはこちら。

 

Black Messiah

Black Messiah

Voodoo

Voodoo