読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MUREADER’s blog

MUREADER(MUSIC+READER)は音楽を中心に、ライトに深く読み解くブログです。

音楽

clammbon(クラムボン) 20th Anniversary 「tour triology」日本武道館ライブレポート

みんなが待ち望んだ、でも「これが最後」という言葉に、来てほしくないような想いも抱いたクラムボンの20周年、日本武道館ライブ。 僕の周りでも本当に多くの人が訪れていて、その存在というのは本当に大きいのだなと感じました。 赤、青、黄に彩られた3人は…

ジャズピアノ:コードヴォイシング/Bフォーム

前回のAフォームに続き、今回はBフォーム。 ちなみにAフォームはこちら。 mureader.hateblo.jp ご覧頂ければわかるかと思うんですが、BフォームはAフォームの下2音をオクターブ上にあげた形になっています。 メジャーのトニックは進行に合わせメジャー7thに…

ジャズピアノ:コードヴォイシング/Aフォーム

今回からジャズの肝であるハーモニーに立ち入ってゆきます。 ジャズのコードの押さえ方、わからなくてどうしたらいいのか頭を抱えたことがあります。どうコードを押さえたらジャズっぽくなるのか。 ピアノで言えばおびただしい数の選択肢があるわけで、自由…

ジャズピアノ:転回系の指の練習

さて、前回の記事では指の準備運動を取り扱いました。 mureader.hateblo.jp で、これも準備運動になるのですが、そこから1歩踏み込んだトレーニングになります。 ジャズに限らず音楽にはいろんなコードが登場してきますが、例えば何かの伴奏をする時、バンド…

ジャズピアノ:指のトレーニング

ジャズピアノを始めて最近教わった指の準備運動。 過去にはジュリアード音楽院でも採用されていたとか。 ジャズの場合にはとにかく12Keyすべてでやる、というのが重要。 準備運動からもそうで、これも簡単なフレーズなので12Keyで練習するってことに慣れちゃ…

ハイレゾ時代を考える。Mr.Children『REFLECTION』

Mr.Children『REFLECTION』 今月のHEATWAVE×Mr.ChildrenのためにREFLECTIONのUSBメモリ版、つまりハイレゾ版を買ったんですが、これってみんなどうやって聴いてるんですかね。 自分の環境だとDAWで(Pro-Toolsとかそういう業務用ね)再生してるんですが(作業…

ケーブル交換による音の違い|サイデラ・パラディソ・マスタリングスタジオにて

先日サイデラマスタリングにお邪魔した時、ケーブルで音色の変化を聴くっていうのをやったんですが、自宅だと中々思うように変化を感じられなかったりもするけれど、あれだけ環境が整っているところだと、普段以上にびっくりするくらい音変わりますね、ケー…

PRINCE『HITnRUN phase one』を聴く

2015年、待ちに待ったPRINCE(プリンス)の新譜『HITnRUN phase one』。ヒットエンドランと読むようですね。Airbnbとか最近nをアンドと読むのがアメリカの流行のようです。 まあ、それはさておき。 最初から今のプリンスが全開バリバリの1枚になっています。…

Jon Regen(ジョン・リーゲン)『STOP TIME』を聴く

RUN TO ME もし真夜中にどこかしっくりしない気分になってその気持ちと戦いたくなかったら僕のところへ逃げてくればいい 君の希望と夢が映画の一場面みたいに薄れていったらそして信じる気持ちが失われたように感じたら僕のところへ逃げてくればいい 僕のと…

槇原敬之 SYMPHONY ORCHESTRA CONCERT "cELEBRATION 2015" 〜Starry Nights〜 ライブレポート

行ってきました、槇原敬之SYMPHONY ORCHESTRA CONCERT "cELEBRATION 2015"!! なんと言っても槇原敬之25周年の集大成ライブです。場所は東京体育館。 バンドに加え今回はオーケストラ。それに男女混合合唱団も。 素晴らしく豪華な編成で聴く方もVIP感満載で…

HIATUS KAIYOTE(ハイエイタス・カイヨーテ)at Blue Note東京

興奮さめやらぬ中、これを書いています。 フューチャー・ソウル・バンドHIATUS KAIYOTE(ハイエイタス・カイヨーテ)の初来日、初ライブ。1stセットにお邪魔しました。 音源で聴くエレクトリック、変拍子、それらをつなぎあわせた楽曲がバンドとしてどう演奏…

心ゆくまま踊りたい、そんなZedd

Zedd、先日の来日の時はスタジオコーストという少し小さめの会場でのライブでした。 でも、Zeddは爆裂なビジュアルと、閃光と音の圧のなかで踊り狂いたい。 そう思いませんか? いまぼくは自宅のスピーカー(GENELEC 8030Bという機種)で音量を爆裂にして疑…

金木犀の季節に想う

もしも過ぎ去りしあなたにすべて伝えられるのならば 金木犀の香る季節になった。 女の子はこぞって「金木犀、金木犀」と言う。 なぜあんなに女子は金木犀が好きなのだろうか。 その金木犀、僕にとってはこの曲だったりします。 フジファブリックの「赤黄色の…

Ivan Linsを聴く

スピーカーをGENELECの8030Bに変えてから、耳を慣らすためもあり、新しいスピーカーで音を聴くのが楽しくもあり、色々聴いています。 今日はFranck Avitabileに勝るとも劣らない、大好きなIvan Lins(イヴァン・リンス)を聴いています。 ブラジルで言うとこ…

シガー・ロス『Kveikur』を聴く

前作『Valtari』からわずかな期間を置いて出されたシガー・ロスの新作『Kveikur』。 新生シガー・ロスと言っていい、ヘヴィで荒々しく衝動的なものを感じる作品だ。 前作は広義のアンビエントという印象が強く、霧に包まれたようなサウンドが見事だったが、…

MiyuMiyu『流星』『流れ星』を聴く

MiyuMiyuと出逢ったのが割と最近なので、以前はどんな活動をしていたんだろうと興味が湧いた。そこで取り寄せた2枚のCD。 一つはアニメ「デジモンセイバーズ」のエンディングテーマになっていた『流星』、もうひとつはシングルとミニアルバムの間のような4曲…

シガー・ロスを聴く

なんてことはなくただだらだらとシガーロスを聴く。 その世界に浮遊している感覚を楽しむ。 どこまでもどこまでも浮かんでいる景色。 音の波の中に、答えはあるのだろうか。 何も見ることはできない、盲目のように、ただその音の海に漂っているだけ。 それで…

GENELEC 8030B導入しました!

GENELECの8030Bを導入しました。 今までよりローがしっかり出て、リファレンスも軒並みいい感じで鳴ってくれます。 自分の耳がモニター耳のせいかしれませんが、モニター然とせず、音楽的でもあります。 ただローがすごい曲、プリンスの新譜とかになると部屋…

MiyuMiyu Live at ロケットデリ

MiyuMiyuのアコースティックライブでした。 そこに僕がピアニカで飛び入り参加。 飛び入り自体久しぶりのもんで、どうなるか出たとこ勝負なんだけど、それはもうさんざん経験してきている自分にとってはそれがホームグラウンドみたいなものでした。 どれだけ…

Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN : Pat Metheny

いよいよ迫ってきたBlue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN。 今回は主役と言っていいアメリカ人ギタリスト、パットメセニーです。 もうここで語らなくても知ってる人ばっかじゃないかと思わんでもないですが、 そこはまあいろいろ考えつつ書いていきます。 とに…

Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN:Snarky Puppy

さて今回はBlue Note JAZZ FESTIVAL in JAPANに出演するSnarky Puppyを取り上げたいと思います。 なにより衝撃的だったのはこの動画。 www.youtube.com Lalah Hathaway(レイラ・ハサウェイ)の声にぶっとんだ方もおおいのではないでしょうか。 Snarky Puppy…

Franck Avitabile『On Air』を観る

Franck Avitabile(フランク・アヴィタビレ)シリーズ特集の最後は映像作品の『On Air』を取り上げます。 今まではYouTubeなどに掲載されていた「Stage Door」くらいで、アヴィタビレが実際に演奏をしている風景を観ることは難しいものでした。 この『On Air…

wacci「大丈夫」オフィシャルPVが100万回再生を突破!

TBS木曜ドラマ「37.5℃の涙」の主題歌になっているwacci「大丈夫」。 そのオフィシャルPVがめでたく100万回再生を突破しました。ミリオンですよ、ミリオン。 応援している身としてもすごく嬉しいです。 着実に、しっかりと届いている結果ですね。 www.youtube…

Franck Avitabile『Bemsha Swing』を聴く

さて、これまでFranck Avitabile(フランク・アヴィタビレ)の作品を追いかけてレビューして参りましたが、ひとまずこれで最後になります。一応まだDVD作品がひとつ残っているのでそちらも紹介する予定です。 今回取り上げるのは『Bemsha Swing』、2002年の…

Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN : Hiatus Kaiyote(ハイエイタス・カイヨーテ)

アメリカの名門レーベルBlue Noteが主催するフェス、Blue Note Festival in Japanが近づいてきましたね。 今回は来日アーティストのHiatus Kaiyote(ハイエイタス・カイヨーテ)に注目したいと思います。 オーストラリア発のフュチャー・ソウルバンド、と言…

Looking Upのキー。

Michel Petrucciani(ミシェル・ペトルチアーニ)の名曲、Looking Up。 大好きな曲なんだけど、弾いててふと疑問が。 この曲Aなのかな、Eなのかな。 イントロはキーがEで、テーマに入ると同時にAになる。で、テーマ終わりでまたイントロになるんだけど、その解…

雑記:ジャズピアノを習い始めました。

ピアノ始めて30年になるんですが30周年イヤーということでピアノを習い始めました。 ジャズピアノ。 いや、ジャズって聴いたことはあるんですけどやったことが全然なくて大学の頃もジャズサークルに入ってましたがずっと見学でしたし…というのは冗談です。 …

Franck Avitabile『Right Time』を聴く

もう何度聴いただろうか。 自分自身の道標でもあり輝かしい憧れでもある。 CDがすり切れ、ケースもボロボロになり今このCDを3枚所有している。 そんな特別な作品なので自身の誕生日ということもあり、普段のレビューと趣が少し異なってくるが、書いていきた…

Franck Avitabile『Short Stories』を聴く

だんだんと佳境に突入してきたFranck Avitabile(フランク・アヴィタビレ)のディスクレビュー。今回は2006年にリリースされた『Sort Stories』にスポットを当てたいと思います。 この作品は前作『Just Play』と同様にピアノソロという形態がとられています…

Franck Avitabile『Just Play』を聴く

Franck Avitabile(フランク・アビタビレ)の作品について、今回はピアノソロの作品『Just play』を取り上げます。録音は2004年、33歳の時の作品です。発売は2005年。 いまこれを書いている私自身が33歳なので、33歳でこれを録音したのか、と複雑な感慨があ…

wacciから届いた贈り物

FM横浜でwacciの橋口くんがやっている、wacci橋口洋平の「ドア開けてます!」で応募してみたら見事に当選した。笑 YOKOHAMA RADIO APARTMENT | Fm yokohama 84.7 (FMヨコハマ)www.fmyokohama.co.jp 届いたのは『ありあけ横濱ハーバー』5個入りとFM横浜のステ…

Franck Avitabile 『Lumières』を聴く

Franck Avitabile(フランク・アヴィタビレ)から届いた内の1枚、『Lumières』。 これは『In Tradition』でのデビュー前、1997年の作品。 Michel Petrucciani(ミシェル・ペトルチアーニ)と密接に関わりのあるアヴィタビレですが、この時既にベースで兄弟の…

Franck Avitabileから届いたCDとDVD

Franck Avitabile(フランク・アヴィタビレ)を愛してやまない私ですが、そのアヴィタビレから届いた! 正直に言ってしまえばボロ泣きです。咽び泣きました。 それほどに嬉しい。もう泣くしかない。 Franck Avitabile名義のCDはほぼ持っているのですが、『In…

Franck Avitabile 『The Paris Jazz Quintet』を聴く

ちょっと今日は路線を変えて、Franck Avitabileがセッションメンバーとして参加している『The Paris Jazz Quintet』を聴いています。2000年の作品。レーベルはThe Montreux Jazz Label。 アヴィタビレのリーダー作とはかなり趣が異なり、ストレート・アヘッ…

wacci@川崎ラゾーナ!!

8/23(日)14:00~と16:00~の2回に分けて開催されたwacciのインストアフリーライブ。 普段はお目にかかれないwacciメンバーの浴衣姿でのライブ、貴重なイベントでしたね! この大勢の観客その数なんと1000人!「大丈夫」でwacciを知った人も、今までずっとwacci…

All The Things You Areを巡る

Michel Petrucciani(ミシェル・ペトルチアーニ)のAll The Things You Are(ジャズのスタンダード)で出てくるフレーズを採譜しています。 ジャズだとよくそういうのを12キー、12の調性すべてに移調して練習するんですが、曲の中で転調があるのでもうだんだ…

Franck Avitabile『Paris Sketches』を聴く

今日はFranck Avitabile「フランク・アヴィタビレ」の『Paris Sketches』を聴いています。録音は2008年。アヴィタビレの作品では一番新しいものです。 8月18日にディアンジェロのバンドメンバーとして来日したPino Palladino(ピノ・パラディーノ)が参加し…

Franck Avitabile 『In Tradition』を聴く

フランスのジャズピアニスト、Franck Avitabile(フランク・アヴィタビレ)。 そのデビュー盤がこの『In Tradition』です。リリースは1998年。レーベルはフランスと言えばここ、Dreyfusです。 今は亡きMichel Petrucciani(ミシェル・ペトルチアーニ)がプロ…

どれにする?Apple Music | AWA | LINE Music

そろそろ始まる有料月額制、Apple Music、AWA、LINE Music、みなさんはどれにしますか? いろいろ悩んでいますが、何か参考になればと思い、簡単にまとめてみたいと思います。それ以外のサービスもありますが、今回はこの3つに絞って。 Apple Music ・ミュー…

ディアンジェロを聴きながら思うこと。

18日のディアンジェロのライブを終えて、改めて聴き直しています。 D'Angelo & The Vanguardの『Black Messiah』もそうだし、『Voodoo』『Brown Sugar』も。 いま『Brown Sugar』を聴くとやっぱり若い!と感じます。 まだそれ以降の作品と比較するとチャート…

ディアンジェロ来日公演に行ってきました。

D'Angelo & The Vanguard、ディアンジェロのライブでした。 正直、あんなすごいと予想していませんでした。 僕にとってディアンジェロはお化けみたいな存在で、ブラックミュージックに君臨していながら、生きているのか死んでいるのか、本当に音楽をやってい…

Apple Musicのバグ:曲が重複する現象と対処法

Apple Musicにバグ?があったのでご紹介。 ある日のこと 好きなアーティストをマイミュージックに加えようとして+をタッチ。 これでチェックマークに変わってマイミュージックに入るはずなんだけど、すぐ+に戻っちゃう。 なんでだろう…。 そう思っていたも…

Michel Petrucciani & NHOPを楽しむ

Michel Petrucciani(ミシェル・ペトルチアーニ)とNiels-Henning Orsted Pedersen(ニールス・ヘニング・オルステッド・ペデルセン)のデュオ作品「PETRUCCIANI NHOP」。 ペトルチアーニは兄弟のルイ・ペトルチアーニとのデュオ作品もありますが、ペデルセ…

wacci「大丈夫」オフィシャルPVが70万回再生を突破!

暮らしの中にそっと溶け込むポップスで話題のバンドwacci(ワッチ)。 TBS木曜9時のドラマ「37.5℃の涙」で主題歌になっている「大丈夫」のオフィシャルPVが公開され70万回再生を突破しました! ついに70万回再生を突破、すごい! www.youtube.com ドラマの中…

アボイド・ノートについて考える

ジャズ理論を勉強する時に必ず最初の方に現れる、アボイド・ノート。 改めて考えてみたいと思います。 アボイド・ノートって何? アボイド・ノート(avoid note)というのは直訳すると「回避音」ということです。弾かずに避けた方がいいよっていう音のことです…

wacci「大丈夫」オフィシャルPVが30万回再生を突破!

wacciがTBS系木曜ドラマ劇場「37.5℃の涙」にて主題歌を務めている「大丈夫」のオフィシャルPVの再生回数がなんと30万回再生を突破しました! 記事を書いている現在、33万回再生となっており公開からわずか2週間あまりでここまで辿り着いたことになります。す…

iOSアプリ「Steve Reich’s Clapping Music」が楽しい!

スティーブ・ライヒのリズムによるiOSアプリ、リズムゲーム。 Steve Reich’s Clapping Musicが楽しいです。 アプリのダウンロードはこちら。 Touchpress Limited「Steve Reich’s Clapping Music – Improve Your Rhythm」 &l…

Trio Petrucciani「Darn that dream」が限定復刻!

ペトルチアーニ家のCDが復刻になり、届いて喜んでいます。 このCDはペトルチアーニ家のミシェル(Michel)、トニー(Tony)、ルイ(Louis)の3人が揃い踏みという非常に珍しい作品です。 ミシェルとルイ、ミシェルとトニーというそれぞれデュオのCDは持っているの…

iPhoneとMacのiTunesが同期しない、音楽を転送できない場合の解決法。

Apple Musicを使い始めたら... Apple Musicのサービスが開始され、AWAやLINE Musicなどと共に新しい音楽の楽しみ方が広がりました。Amazon Prime Musicもありますし、2016年10月、ついにSpotifyもスタートしました。 定額ストリーミング配信が普及するにつれ…

Michel PetruccianiとFranck Avitabile

夜中に気になっていCDを整理し始めたら、Michel Petrucciani(ミシェルペトルチアーニ)のCDを意外と沢山持っていた。大好きなジャズピアニスト。これ意外にも赤ペトとかコンバセーションもあったはず…。 そしてそして人生を語る上でこれ以上ないジャズピアニ…